トップページ > 葉もの野菜を食べることによりエストロゲンの活発な分泌が

アフターピルは大量に飲まないで!避妊最後の砦だけど乱用は禁物

アフターピルは大量に飲まないで!避妊最後の砦だけど乱用は禁物
フレーム上

葉もの野菜を食べることによりエストロゲンの活発な分

葉もの野菜を食べることによりエストロゲンの活発な分泌が可能になり、それがバストアップ効果を持たらす可能であるかも知れません。特にキャベツが含む成分が自らバストアップに働聞かける理由ではないので、確実にバストアップでいるとは明言できませんが、その見込みはあるとみなしていいでしょう。バストを大きくすることは女性なら誰もが夢見る事ですよね。それは、女性の本質として心に染み付いているものだと思うからです。
なんとなくたまに果物のサイズに例えられるおっぱいですが、なぜそんなものと同じ土俵にたたされるようになったのでございましょうか。自分の胸を大きくすることって、可能なのでしょうか?遺伝的に胸が大きくないと、バストサイズをアップさせることなんてできないと諦めてしまうかも知れません。しかし、後からの努力で大きな胸になった方もいますから、貧乳は家系的なものだから仕方ないと嘆くことはまったくないのです。



世間では、キャベツを食べるとバストサイズがアップするという噂がありますが、実際どうなのでしょうか?はじめに結論からいいますとキャベツを食べることによって豊胸効果が期待できます。キャベツにふくまれる栄養素にはボロンと言われるエストロゲンという女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。


基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)と同じような役割を持つ要素があります。おっぱいを大きくするために豆乳を飲むタイミングはいつでもOKですが、多く吸収することに拘るのなら朝ごはん前がよいです。朝食前は吸収率が1日の中で最も高い時なので、このタイミングで豆乳を口にするとイソフラボンをたくさん体内に取り入れることができます。速効性がある理由ではないので、毎日口にするということが重要になります。




フレーム下 class=


Copyright (C) 2016 アフターピルは大量に飲まないで!避妊最後の砦だけど乱用は禁物 All Rights Reserved.

ページの先頭へ